14/07/2020
Breaking News

仕事を円滑に進めるために必要なスキル

プログラマーの仕事を行うにあたって必要なスキルとなるのが、プログラミング言語です。どんなものを開発するのかによって求められるプログラミング言語は異なるため、その目的に合ったプログラミング言語を習得しておく必要があるでしょう。
可能であれば、多くのプログラミング言語を習得しておくことをおすすめします。複数のプログラミング言語を扱えれば、それだけで重宝される人材になれるためです。

プログラマーには、コミュニケーション能力も必須です。
クライアントからの注文を受ける際は、人と会話することになります。交渉の役割を任されていない場合でも、プログラマーはチームでプロジェクトを進めるので、チームメンバーとのコミュニケーションは必要です。
このように人と会話を行うシーンが多くなるため、コミュニケーション能力は高い方が好ましいと言えます。

プログラマーには、読解力も必要です。
人によってプログラミングの癖が違うため、自分が引き継ぐときに前の人がどのような意図でプログラミングしたのかを読解する力が重要になります。チームメンバーに次の作業を委ねる場合は、読解しやすいプログラミングを心掛けておくことも大事です。

プログラマーには、プログラミング経験も求められます。
しかし、IT業界では古いプログラミング技術の経験は求められていません。半年や1年で新しい技術が発達する業界なので、新しいプログラミング技術の経験を持っている人が重宝されます。
誰よりも早く新しいプログラミングを経験しておけば、それだけで自分の市場価値は高まるでしょう。